PUGMENT|Pugment Books

PUGMENT|Pugment Books
2020年8月7日(金)-23日(日)
14:00-19:00 金土日営業

このたびPeopleでは、 パグメントによる「Pugment Books」の展覧会を開催いたします。

「Pugment Books」は、さまざまな歴史・文化・人の営みを通じて服を制作してきたパグメントの描く服飾史を、現代での生活に役立てるための日常着として提案します。Tシャツを中心に、過去に発表したコレクションの制作過程で生まれた写真・素材・テキストをもとに本の1ページに見立てデザインされています。しおりに見立てられた服の下げ札には服飾史を活用するためのヒントが書かれ、パグメントが描く服飾史そのものとして展開されていきます。

本展覧会では、新たに発表する6点のアイテムを含む18点のアイテムと、テキストや写真を展示。これまでオンラインストアのみで継続的に発表・販売されていたPugment Booksのコレクションを手に取ってご覧いただけます。

 

パグメント
2014年に大谷将弘と今福華凜によって東京で創設されたファッションレーベル。東京を拠点に活動。人の営みを通して服の価値や意味が変容していくプロセスを観察し、服の制作工程に組み込む。ファッションにまつわるイメージと人との関係性に着目し、既にある価値・環境・情報について別の視点を持つための衣服を発表する。 主な発表として 「Never Lonely」タカ・イシイ ギャラリー(東京、2020年)、「写真とファッション 90年代以降の関係性を探る」東京都写真美術館(東京、2020年)、「MOTアニュアル2019 Echo after Echo:仮の声、新しい影」東京都現代美術館(東京、2019年)、「We People Work」People / NADiff Gallery(東京、2019年)、「1XXX‒2018‒2XXX」KAYOKOYUKI / Utrecht / n id a deux(東京、2018年)などが挙げられる。「Unseen Amsterdam」(アムステルダム、2017年)にて写真家の小林健太と協働しパフォーマンスを実施。2019年5月にショップとオフィスの機能を兼ねたスタジオ「People」を恵比寿にオープンし、参加型ワークショップの開催などの実験的な活動を行っている。

 

PUGMENTPugment Books
August 7-23, 2020
Fri-Sun 2-7pm

We are pleased to present an exhibition "Pugment Books" by Pugment at People.

"Pugment Books" is daily wear that brings to the modern life the history of clothing made by Pugment, who has been making clothes from culture, human activities and history. Clothes, mainly T-shirts are designed to look like a page from a book, using the photographs and text from the collection's creation process. The clothes tags, which look like bookmarks, contain hints on how to make use of the history of clothing and are developed into Pugment's history of clothing.

The exhibition features 18 items, including 6 new items, as well as text and photographs. you can view the Pugment Books collection, which has been continuously sold exclusively through the online store.

 

PUGMENT
A fashion label founded by Karin Imafuku and Masahiro Otani (both b.1990) in Tokyo in 2014. Through observation of the transformation process in value and meaning of clothing in human activity, we incorporate this spirit into the production process of their clothes. Focusing on the relationship between human and images concerning fashion, we create and exhibit clothing in order to find different viewpoints on existing values, environments, and information. Recently, we presented in “Never Lonely” at Taka Ishii Gallery, Tokyo, 2020. “Photography and Fashion Since the 1990s” at Tokyo Photographic Art Museum, Tokyo, 2020. “MOT Annual 2019 Echo after Echo : Summoned Voices, New Shadows” at Museum of Contemporary Art Tokyo, Tokyo, 2019. “1XXX‒2018‒2XXX” at KAYOKOYUKI, Utrecht and n id a deux, Tokyo, 2018. PUGMENT collaborated with photographer Kenta Cobayashi on a performance at “Unseen Amsterdam” (2017). In May 2019, PUGMENT opened in Ebisu, Tokyo, “People,” a space that combines office, studio, and retail, where participatory workshops and other experimental activities are carried out.