Mauricio Guillén|Yoo Gunaa

マウリシオ・ギジェン|ヨーグナー
2020年3月20日(金)-4月5日(日)
14:00-20:00 金土日営業
オープニング・レセプション:2020年3月20日(金)18:00-20:00

 

このたびPeopleでは、メキシコに生まれ国際的に活躍する写真家、マウリシオ・ギジェンの個展「Yoo Gunaa (ヨーグナー)」を開催いたします。

1971年にメキシコで生まれたギジェンは、ニューヨークの美術大学在学中から『Purple』や『Dazed & Confused』、『i-D』といったファッション・カルチャー誌で撮影を手がけてきました。卒業後は移住したロンドンで数多くの企業広告も撮影を担当。近年では写真作品だけではなく、映像作品も発表し、作品はフランクフルト現代美術館など各地の美術館に収蔵されています。 

本展のタイトル「Yoo Gunaa(ヨーグナー)」とは、メキシコ南部オアハカ州の先住民サポテカ族の言葉で「母胎」を意味します。メキシコでは2017年9月7日に大規模な地震が発生。サポテカ族が多く暮らすオアハカ州フチタンにも、伝統的な建造物が崩壊するなど甚大な被害がもたらされました。現地を訪れ、その様子を目の当たりにしたギジェン。「Yoo Gunaa(ヨーグナー)」とは、その旅の記録であり、母系社会という独自の文化と伝統が残るフチタンでのギジェンの思索をたどることができます。

 

「トゥーレの木 私を根で包み、満たし、そして家へと帰しておくれ」――ナタリア・トレド『カニの背中』より

最初の家、母親の胎内。最後の家、墓の静寂。
家が私を形作り、私が家を形作る。性別がまだ決まっていない身体をどう生きるのか、破壊しながら創造し、創造しながら破壊する。変容せずに、どのように世界を認知し生きるのか。
オアハカ州のフチタンで甚大な被害を引き起こした2017年9月7日の地震の後、何を取り壊し、何を保存すべきなのかという緊急の問題が生じた。政府が提供する不完全な情報と生活の改善に向けた約束にもとづき、建設会社はコミュニティをブルドーザーでならし、文化財を破壊し、集団的記憶に取り返しのつかない空白期間をつくりだした。オアハカ州のイクタルテペックの事例である。この地域では「バハレケ」と呼ばれる先住民サポテカ族の伝統的、土着的な方法で建てられる家屋が存在していたが、先の地震でそのほとんどが崩壊した。私はこうした状況のなか約30年ぶりに故郷に戻り、五里霧中のなかフチタンの瓦礫のなかをさまよった。「ヨーグナー」(サポテカ語で母胎を意味する)はその旅の記録である。
ここに紹介する一群の写真は、アドベ(日干しレンガ)の記憶とコンクリートの夢が共存する現在のサポテカ族文化の複雑性を時の流れの中に繋ぎ止め、そのへその緒にしっかりとしがみつく、私のささやかな試みである。

マウリシオ・ギジェン、サラゴーサ・デ・フチタンにて、2020年2月2日

 

マウリシオ・ギジェン
写真家、映画作家。1971年、メキシコシティで生まれ、パリ、ニューヨーク、ロンドン、フランクフルトを経た後、2018年に故郷へ戻る。最新ショートフィルム「Paris Was Not You」は第17回モレリア映画祭2019でプレミア上映され、現在はフランクフルト現代美術館のコレクションに。現在は初劇映画の準備をしながら、3冊の書籍プロジェクトと、2020年末に、オアハカで初期の写真作品を総括するような展覧会を企画中。

 

Mauricio GuillénYoo Gunaa
March 20-April 5, 2020
Fri-Sun 28pm
Opening receptionFriday, March 20, 68pm

 

People is delighted to present "Yoo Gunaa" by Mauricio Guillén, an internationally active photographer and filmmaker born in Mexico City.

Guillén, born in Mexico in 1971, has been photographing fashion culture magazines such as Purple, Dazed & Confused, and iD since attending Art University in New York in the early 90's.
After graduating, he moved to London where he shot numerous campaigns but in 2001 stopped all commercial activities to join the photographic course at the Royal College of Art. Since 2012 he has incorporated film into his practise, and his works form part in the collection of various museums like the Museum für Moderne Kunst, Los Angeles County Museum of Art,the British Arts Council, and the Albertina Museum in Vienna.
The title of this exhibition, "Yoo Gunaa", means "Woman House" in the words of the indigenous Zapotecs of Oaxaca, southern Mexico. An area which was massively hit on September 7, 2017 by an earthquake. Juchitan Oaxaca (where these pictures where taken) not only is the cradle of Zapoptec culture, but suffered devastating damage. "Yoo Gunaa" is the record a journey back home which allows you to follow Guillén’s thoughts in Juchitan, where the unique culture and tradition of matriarchal societies remains.

 

“Árbol de Tule: lléname de raíces y hazme de una vez por todas volver a mi casa.”            Staurus (El dorso del cangrejo) Natalia Toledo.

La primera casa, el vientre de una madre. La última casa, el silencio de la tumba.

La casa me forma y yo formo a la casa. Como habitar un cuerpo cuando su forma no corresponde a la sexualidad sentida sin transfigurarlo? Crear destruyendo. Destruir creando. Como habitar nuestro entorno sin transfigurarlo?

Después del terremoto del 7 de Septiembre de 2017 y los múltiples daños que este causó en Juchitán de Zaragoza Oaxaca, surge una pregunta esencial: Qué derrumbar y qué preservar? Con una iniciativa mal informada del gobierno, y la eterna promesa de una vida mejor, las empresas constructoras arrasaron con poblaciones enteras destruyendo su patrimonio cultural y dejando un hueco en la memoria. Este fue el caso de Ixtaltepec, donde prácticamente han perdido la totalidad de Bajareques, la casa tradicional Zapoteca de arquitectura vernácula construida con el sistema original de la región. Bajo estas condiciones y después de casi treinta años de ausencia de mi país, regresé a Juchitán buscando entre las ruinas sin saber que iba a encontrar. Yoo Gunaa(Mujer Casa en zapoteco) es el resultado de este viaje, y de mi humilde esfuerzo por suspender en el tiempo, con las fotografías aquí presentadas, la complejidad de una cultural Zapoteca actualmente balanceándose entre recuerdos de adobe y sueños de concreto y agarrarme de su ombligo.

Mauricio Guillén. Juchitán de Zaragoza  02.02.2020 

 

Mauricio Guillén
Mauricio Guillén is a photographer and filmmaker. Born 1971 in Mexico City but went on to live in Paris, New York, London, and Frankfurt before re-locating back home in 2018. His latest short Paris Was Not Youpremiered at the 17th Morelia Film Festival in 2019, and is now part of the collection for MMK (Museum fur Moderne Kunst Frankfurt am Main). Mauricio is currently developing his first feature film while working on 3 book projects and an comprehensive exhibition of his early photographic work scheduled at the end of 2020 in Oaxaca, Mexico.